生理前のスキンケアどうしていますか?肌荒れしやすい敏感な肌を、優しい成分でできている化粧水で、お肌をケアしてあげましょう。しっとりもちもちで、外的ダメージから肌を守ってくれます。

敏感肌になりやすい生理前には、低刺激な化粧水が最適

肌刺激の少ない化粧水で、スキンケアしてあげましょう
生理前は、ホルモンバランスの影響で、肌が敏感になります。

たとえばニキビができたり、いつもより化粧水が肌にしみたり、痒くなったり...。症状は人それぞれかと思いますが、肌にダメージが加わると、肌バリア機能が低下していきます。バリア機能が低下すると、肌荒れもしやすくなる、という悪循環を生みます。生理前は、月経前症候群(PMS)といって、イライラしたり、気分が落ち込んだりすることが多いですよね。そういった精神的なストレスでも、肌荒れはおきやすくなります。たっぷりと睡眠をとって、できるだけ身体が楽な状態を維持してあげることが大切です。お肌も、ストレスのない状態にしてあげましょう。生理前の敏感なお肌には、低刺激の肌にやさしいスキンケアラインで、ケアしていくことが大切です。それには、敏感肌専用の化粧水がとてもおすすめです。
敏感肌専用化粧水の、成分配合などを見てみましょう。

生理前にピッタリの化粧水選びのポイント

低刺激で肌に負担をかけないもの
敏感になっているお肌には、植物性由来の成分からなる化粧水などを選びましょう。炎症を抑える効果をもつエキスなどが配合されているといいですね。オーガニックや完全無添加とかかれているものでも良いですが、本当に肌に刺激を与えないのか、トライアルキットなどで試してみることをおすすめします。
肌のバリア機能を高めてくれるもの
ホルモンバランスで乱れがちな、肌のバリア機能を高めてくれる成分配合のものを選びましょう。それにはお肌が、肌の奥から潤うことが必要です。本来、人の肌に存在するセラミド、ヒト型セラミドが、お肌によく浸透してくれます。肌の潤いを高め、肌バリア機能を回復させてくれます。
肌の保水力を高めて乾燥を防ぐもの
お肌を保湿して、潤いを維持する効果のある成分配合を選びましょう。化粧水をお肌にしみ込ませても、蒸発してしまっては意味がありません。肌保水力をアップさせてくれる、そんな成分がおすすめです。乾燥を防ぐと、ニキビができにくくなるので、生理前にニキビができてしまう肌質にぴったりです。

生理前の化粧水で最もおすすめなのは?

ディセンシア「アヤナス」で敏感な肌をケアしましょう
アヤナスは、生理前の敏感肌をやさしく守ってくれます。

低刺激で肌に負担をかけない・・・ディセンシアは、敏感肌専用のブランドです。肌炎症を抑える植物性由来のコウキエキスが、肌内部の炎症を抑え、鎮めます。
バリア機能を高める・・・ヒト型ナノセラミドが、お肌の奥の深部にまで行き届き、肌を潤いで満たしてくれます。肌が保湿されることで、肌バリア機能を高めてくれます。
保水力を高めて乾燥を防ぐ・・・肌の潤いをキープしてくれる、ディセンシアのアクティブプール処方は、乾燥からはだを守り、肌荒れやニキビのできにくい健やかな肌環境を、保ってくれます。

敏感肌用のスキンケアラインで、生理前の肌荒れを改善しませんか?