低刺激で肌に負担をかけないもの 敏感になっているお肌には、植物性由来の成分からなる化粧水などを選び...

生理前にピッタリの化粧水選びのポイント

低刺激で肌に負担をかけないもの
敏感になっているお肌には、植物性由来の成分からなる化粧水などを選びましょう。炎症を抑える効果をもつエキスなどが配合されているといいですね。オーガニックや完全無添加とかかれているものでも良いですが、本当に肌に刺激を与えないのか、トライアルキットなどで試してみることをおすすめします。
肌のバリア機能を高めてくれるもの
ホルモンバランスで乱れがちな、肌のバリア機能を高めてくれる成分配合のものを選びましょう。それにはお肌が、肌の奥から潤うことが必要です。本来、人の肌に存在するセラミド、ヒト型セラミドが、お肌によく浸透してくれます。肌の潤いを高め、肌バリア機能を回復させてくれます。
肌の保水力を高めて乾燥を防ぐもの
お肌を保湿して、潤いを維持する効果のある成分配合を選びましょう。化粧水をお肌にしみ込ませても、蒸発してしまっては意味がありません。肌保水力をアップさせてくれる、そんな成分がおすすめです。乾燥を防ぐと、ニキビができにくくなるので、生理前にニキビができてしまう肌質にぴったりです。